文化

血とイスラーム:イードとアシュラの間

多くの人は、イスラム教徒も非イスラム教徒も同じように、血をこぼすのは嫌で、霊性に苦痛は必要ないと言うでしょう。しかし、この 2 つの聖なる日、イード アル アドハーとアシュラの間に、私たちは自分自身の生活の暴力を思い出します。